Wonderful choice!

音楽家 Akito×Wonderfulの世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MFB vol.1ありがとうございました!

日曜日、久しぶりとなる主催EVENT、ソロとしてはハタチぐらいからやってないことになる、かなり新たな取り組み、『Muddy for beauty』、お陰様で大盛況で大成功となりました~。

今回一緒に主催をしてくれたworld始め、無理を押して出てくれた出演者の皆さん、手伝ってくれたブラザー、そして集まってくれたお客さんのお陰です。
あとセブンデイズにも一肌も二肌も脱いでもらい、今までの恩返し、少しはできたかなと思います。

楽しかった風景をmiumiu様のブログから拝借して来たのでおすそ分け。miumiuさんのナイスショットと浴衣姿と併せてご覧ください!






















本当に素晴らしい夜になりました。djのみんなとも久しぶりに一緒にパーティを作れたし、懐かしい顔にも会えたし、新たな出会いややっと観てもらえた自分のステージ。気合い入れて何かをやるからこその濃厚な夜でした。
僕とworldの気持ちを汲み取ってか、皆さん素晴らしい熱のこもった演奏でした。お客さんもぶったまげたりうっとりしたりしていて、そんな横顔を見てほくそ笑むのも主催者の醍醐味です。

肩肘を張らず、良い音楽を、良い空間で良い人たちと共有できるパーティ。これから紡いで行ければと思います。

次回はまだ日が決定してませんが10月ごろにやれそうです!今回逃した方は是非!

一瞬で判断できる

ART OSAKAと言うエキシビションに行って来た。大阪駅の大丸のビルの上ホテルクランビアのワンフロアを借り切って部屋を展示場にして関西中心のアーチストが所狭しと展示を行うARTの祭典。



本当にたくさんの部屋があり、各部屋に2~3組のアーチストの展示があり、その部屋数は50くらいかな。

とにかく全部は見れなくて、体力も奪われ、最後はかなり第一印象だけでさささーって通りすぎるように観た。

でも、そん時凄く感じたことがあった。
とにかくARTは一瞬の世界やな、と。
音楽もそやと思う。
そして恋も。
そして友情も時にそう。


もちろんじわじわくるものもあるし、散々聴かされてやっと好きになる音楽もある。でも、理屈もなく、部屋に入った瞬間『いらん』『いる』を判断している。音楽も同んなじやなと。

昔から自分は音楽探す時はとにかく聴いてみる。何回も聴いていいかもしれないからとええとこ探す聴き方はしない。


第一印象でビビっと来た物をこそ、聴き込む。
何処かで聴いた有名な人より第一印象で惹かれる物を聴いて来たな。
意外とそんなインスピレーションはビッグアーチストに限ってちゃんとある。

ART OSAKAの出展数はわからないが、とにかく本当に第一印象だけで明らかに面白い、面白くないがあった。

そこに方向性や傾向なんかもあるとは思うが、そんな物は俺にはわからないし、わかる必要もないと思う。

いいか、良くないか。それだけ。

俺の音楽はいいって、まだ思われるとこまで行けてないんだなって凄く考えてしまった。

磨けば、光るだろうか。
きっと、誰か、同じような人の光にはなれるし、頑張ろう。
それしかないよね。本当に。


北風と太陽

女性を褒めるな。

女性を口説くメソッド的なもので読んだことがある。

直接好きだとか綺麗だとか言うのは自分の価値を下げるんだと。

自分の価値をたかめたければなるたけ、褒めず、直接表さず、ただ念を送れと言う。


これに似て、僕は最近好きなのが『北風と太陽』のお話。
旅人のマントを剥ごうと北風と太陽が競う話。北風が風を吹きつければ吹き付けるだけ、旅人はマントを固く閉ざす。逆に太陽が暖かく包み込めば旅人はマントを簡単に脱ぎ、北風は悔しがると言うお話。

あると思う、いろんな場所でこんな話。

女性に自慢話なんてタブーだし、所構わず好きだとか詰め寄るのはKYな( 空気読めない )事だ。

歌を歌う時、ライブのお知らせの時でもあると思う。
頑張って集めるお客さん、聴いてくれと叫んで歌う歌より、本当に素晴らしいものはきっとそんな主張しなくとも人が集まる場所、静かに歌い出してもみんながシンと聴き込む音楽。
こんなところにも北風と太陽は存在する。

ついついまだ頑張って叫んでしまう。何かと営業してしまうけど、目指すところは先ほどあげた後者。わかってても、やるのはなかなか難しい。

そのためにも内容の濃い、こだわりの音楽や出し物でお客さんの安らげる場所を作り出したいものだ。

もっともっと小さい世界に行かなければ。

地味に生きる

自分はつくづく派手好きだなと思う。
毎日騒いだり、恋したり、感動したり、感動させたり、そんなきらめいた毎日を求めてしまう。
これは父親譲りなのかもしれない。
父もやたら自慢しいと言うか、自己顕示のためにばかり駆け回って居た気がする。

父が死んで間も無く一年。

彼と自分は似ている。

死ぬ間際に見せた深い、深い真実。
それに影響されてか最近、と言うか今年、僕は地味にしてる。

大袈裟なことを言ったりやったりせず、やれることを、やれる範囲でやってる。

目標に全部に間に合ってるとは言えないけど随分自分の思う自分に近づけた気がする。
そんな毎日が少し切ないのは性格的なもので、でもこれはこれでちょうどいいと思えるこの頃。そんなフラストレーションが自分に鞭を打ってくれるのかもしれない。

つくづく、僕はあちこち派手に動いたり手を広げたりして駆け回ってるようで、今まで本当は空虚だったのかもしれない。
いや、でもそれもやってみたいことの一つ。後悔はしてないか。

とにかく今は自分の声が聞こえてる。
自分の歩く道が見えてる。本当にありがたいこと。ただ、ただ、歩いていこう。
この道、ワンダフル道を。


押し付けの感動

どこかで見た記事にこんなのがあった。

『押し付けられるのは嫌い』。

なんか響いた記事。

当たり前なことなのに気づけばやってしまう。



来てよ!

すごいやろ!

ほら!ほら!( またはオラオラ )



てな感じ。記事には押し付けられたら好きでも逃げてしまうと。うんうん。なんかすごいわかるなぁと。


これって音楽でもそうで、昔作ったCDは仕上げの時に伝わって欲しい一心にレベルを上げすぎて、ノイジーなものになってしまったことがあったな。

ライブでも、オラオラで盛り上げたライブより、意外に自信なくやったライブが褒められたり( 今まではこれ、単なるフォローやと思ってた )したこともあったなぁ。


これってまさに俺の目指すところやなぁと。
よくもないのにテレビに出まくってうっとおしがられるよりたまに見て、その芸で驚かされたいなと。

芸ってでも技やからそれを磨いて、
磨いて磨き切った時に忘れてはいけないのが初心。
心。

これが一番大事なこと。


心を忘れて自分、自分になってしまったら本当に残念。


そんな俺俺星人の話も、歌も、自己主張も、芸すらも見たくなくなる。辟易するよ。

エロなんかでもそうだけど、胸や脚が綺麗でもやっぱりさりげなくてこそ。遠目に見るのは良くても、ちかくでどう?どう?と来られると燃えない。( 来られてみたいが )
やっぱりめくって、またチラッと、そこにある。
そこにつつましくある美しさにこそ感動する。燃えまくる。男は。( 女もだろ? )

恋愛も同じで、こう言われたら嬉しいみたいなツボとか、駆け引きや見た目の美しさも、確かに有効。

でも俺はやっぱりぐっと来ない。もし来そうでも『あかんあかん、騙されたら』とブレーキをかける。

そんな人より、求めているのは真心。
ピュアな心。だれでもそうじゃないかな。

だから俺は恋愛下手な人ばかり好きになる。その人はある意味では馬鹿だけど、やっぱり純粋なんだなぁと。


技を覚えすぎて技に飲まれてる人の純粋さも、きっと奥にあって、たまに見え隠れしたりするけど、やっぱりすぐに押し付けが出てきてしまって本当に微妙だったりする。
良くて、でもストレスで。
うーん、そんなもん、やっぱりいらん。


芸があって、謙虚でまっすぐ。

力まず押し付けずナチュラルに。

そういうものに人は集まるんやろうな。




最近ずっともやもやしてたけど、また一つクリアになった気がした。

自分への戒めとして。

プロフィール

Akito×Wonderful

Author:Akito×Wonderful
大阪のシンガーソングライター。
Ra'conと言うソウルバンドリーダーとして14年、イベントオーガナイザーとして10年、ボサノバシンガーとしての10年の活動を経て、ソロとして全ての活動、音楽を今一つにまとめ本流と為す。
スタイルはサンプラー、キーボード、ギターをループマシンへ突っ込み、フルトラックをその場で作り出し、そこにメッセージとメロディーをのせて歌う。
2015年、満を持してフルアルバムをリリースする!

◆ライブ情報◆

4/2(tu)三宮108
トリプルツボにソロでゲスト出演
op/st 20:00/20:30 door
\1,500 1DRINK込
●aco106 ●46s orchestra
GUEST LIVE:Akito×Wonderful
 

4/10(wed) 緑橋SEVEN DAYS
ソロで出演! オリジナルをやります!
詳細未定!


4/13(sat) Bossanova live
@淀屋橋miumiu Akito×Wonderful(vo)
21:00~、23:00~ charge 1,000yen


4/19(fri) Ghetto Soul Unite Night
@心斎橋Blarny Stone
Ra'con,Black Fellows,Macduff
No charge 20:00 start


5/4(sat) Funky Party!!
@緑橋SEVEN DAYS
Ra'conで出演 詳細未定

5/19(sun)
3rd eye session
アンコール公演
Ra\'conの去年続けてきた
ワンマンシリーズの 最終章。
@日本橋 太陽と月
2000yen with 1 drink

全てのライブの前売りチケットは 本人に直接連絡頂くか、会場へ 直接お問い合わせください。

最新記事
カテゴリ
最近の写真(アイコン風)

リンク
Wonderful語録

検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
おみくじ

QRコード

QR

最新トラックバック
Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。